マンションを売却するときに気をつけたいことは?

1位に輝く理由は比較会社の量とサービス
ふじたろう
4.6
価格不動産特有のしつこい電話営業無し!
メーカー【ふじたろう】
所要時間45秒で入力完了
ふじたろう

空き家だからと言って安売りする必要は全くありません!
比較することで高額査定で買取してもらうことができます!

業界最高値の自負があります!
【スマイスター】
4.5
価格一括査定無料
メーカースマイスター
【スマイスター】
60秒で高額査定!
イエウール
3.3
価格一括査定無料
メーカー 株式会社Speee
イエウール

都内に住む40代の会社員です。
妻1人、娘1人(小学校3年生)の3人家族です。
2011年に渋谷区のマンションを購入し、住んでいましたが、
最近、都内のマンションが値上がりしているという話を聞き、
住み替えを視野に入れた売却をしようと思いました。
売却希望額は、同じマンションで最近売れた価格である5500万円を基準に、
それより少し多ければいいかなと考えていました。
見積もりに関しては、インターネットのサイトを利用し、
5社ほどから見積もりを取りました。
すぐにメールや電話が届き、それぞれの会社に簡易見積もりをお願いしたところ、
各社から見積もりを頂くことができました。
各社の見積もり額は、5500万円~6200万円の範囲にすべておさまっていました。同じ地域のマンション販売額(新築、中古)の平米あたりの売却額や私が住んでいるマンションの過去の売買の履歴などの情報が記載されており、とても参考になりました。
そのあとも引き続き、各社から電話がかかってきたので、電話の印象が良かった小さめの会社1社と大手でネームバリューのあるもう1社の2社に絞り、詳細な見積もりをお願いすることにしました。
両社から出てきた見積もり額ですが、小さめの会社が6000万円、大手の会社が5800万円でした。
小さめの会社の方は、それぐらいの価格でチャレンジをしてみてはどうかという話だったので、そのままの価格で売れる提案額ではなかったと思います。
色々と見積り等でお世話になり、恐縮だったのですが、実際の売却ですが、見送りました。
見送った原因は、区立の小学校に通っている子供の学区を変更したくなかったので、
同じ区内のマンションを住み替え先として探したのですが、
今住んでいるマンションより、駅からの距離、間どり等で良い条件の物件が見つからなかったからです。
賃貸から分譲に変わる時より、買うことに対するハードルが高くなっている気がするので、もう少し明確な引っ越したい動機がないと、実際に行動に移すのは敷居が高いなと感じました。
空き家の処分をするならオススメ